難病医療費助成・生活保護法等指定医療機関

婦人科

更年期障害

婦人科

「更年期」とは、閉経をはさんだ前後10年のことを指します。40歳代になると卵巣の機能が低下していき、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減っていきます。エストロゲンの低下により、様々な不快な症状がみられるようになります。更年期の症状や強さには個人差がありますが、日常生活に支障を感じるのが「更年期障害」です。

更年期障害の代表的な症状

  • のぼせ、発汗
  • 冷え
  • 頭痛、頭が重い
  • めまい、耳鳴り
  • 手足の痺れ、こわばり
  • イライラする
  • 抑うつ気分
  • 疲れやすい
  • 動悸、息切れ
  • 肩こり、関節痛

更年期障害の治療:プラセンタ療法

ヒト胎盤ホルモン=プラセンタ(メルスモン)は、更年期障害の治療薬として厚生労働省から認可されている薬剤です。定期的に注射することで治療効果を期待することができます。また、病気以外にも、疲労回復、アレルギー疾患の改善、美肌、アンチエイジングなどの美容効果が認められています。

保険適用となるプラセンタ療法(メルスモン注射)

更年期障害と診断された場合、現行で年齢45歳~59歳の女性の方については病気の治療として保険適用になりますので、治療は保険の範囲内で行うことができます。プラセンタが保険適用となる病名は限られていますので、厚生労働省が認可した病名の方以外は保険でプラセンタ療法を受けることができません。年齢的にも症状的、病名的にも保険診療の適応にならない場合、例えば美容目的などのケースでは、自費でプラセンタ療法を行っています。

アフターピル

避妊せずに行われた性交、あるいは避妊手段が不適切であった後に緊急避妊的に用います。72時間以内に内服します。内服が早ければ早いほど妊娠阻止率は上昇します。自費診療となります。
副作用に関しては、特に目立ったものはありませんが、服用禁忌(服用してはいけない条件)に触れないかどうかをよく考慮しながら慎重に処方します。また、アフターピルは妊娠防止効果を期待できますが、妊娠を完全に防止するものではないと言われています。

料金

  • 税込10,000円(ノルレボ錠1.5㎎)
  • 婦人科診察料金を含みます。感染症検査は保険診療で可能な範囲で対応します。

子宮頸がん検診

予約優先(予約がない場合、お待ちいただくことがあります。感染防止にご協力ください)

第三世代の低用量ピル

生理痛が強く、日常生活に支障をきたし、仕事ができないような場合はピルでの治療をお勧めします。副作用については一部、血栓症のリスクが懸念されますが、服用禁忌(服用してはいけない条件)に触れないかどうかをよく考慮しながら、慎重に処方しますので、ご安心ください。保険適応のものと保険適応外のものがあります。避妊目的のファボワールはクリニック内で処方します。

料金

  • 税込 2,000円(ファボワール28:富士製薬)
  • 婦人科内診代、予診等を全て含みます。凝固機能検査等の血液検査料金は別途案内します。お気軽にお問い合わせください。

月経移動

中等量ピルのプラノバールを使用して、月経を早める方法と遅らせる方法があります。早める方法は、1回前の月経日から数えて5日目から内服を開始し、避けたい日より前に月経を起こします。遅らせる方法は、月経予定日の3~5日前から月経を避けたい日まで飲み続けます。月経移動を希望する方は、内服開始日時に間に合うように、早めにご来院下さい。

料金

初診料税込2,000円+薬1錠税込100円×日数分

ガーダシル4価(HPV6,11,16,18型の感染を予防します)

価格
税込 16,200円(一回当たり)
投与方法
薬液0.5mlを筋肉内に注射します。原則として3回接種が必要です。
個別にお電話でご相談ください。

シルガード9

HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンには2価、4価、9価のタイプがあります。

《ワクチンの名前》
2価HPVワクチン=サーバリックス
4価HPVワクチン=ガーダシル
9価HPVワクチン=シルガード9
※○価というのは「○種類の」という意味です。2価ワクチンであれば2種類のHPVを、4価ワクチンは4種類、9価は9種類のHPVをカバーします。
《ワクチンの内容》
2価:子宮頸がんの原因になる確率の高いハイリスクのHPV2種類
4価:子宮頸がんの原因になる確率の高いハイリスクのHPV2種類+性感染症の原因になる2種類
9価:子宮頸がんの原因になる確率の高いハイリスクのHPV7種類+性感染症の原因になる2種類
今まで100種類以上のHPVが確認されていますが、2価や4価で7割程度、9価であれば9割程度のHPV感染を予防できると言われています。打つ回数はどのワクチンを選んでも全て3回です。自費なら予防効果の高いものが良いでしょう。価格は9価が一番高いです。年齢については、10〜14歳の女性が第一推奨で、次に15〜26歳、27〜45歳の順になります。しかし45歳以降でも打ってはいけないということはありません。
ワクチンを打つか打たないかは個人の自由です。接種前に感染しているかどうかを検査する必要ありません。ワクチンの効果が一番高いのは性交渉前で確実にHPVに感染していない時です。感染前なら、ワクチンの効果がある全てのHPVに対して効果があります。性交渉の経験がある方の場合は、もしすでにHPVに感染していたら、その感染しているHPVの種類に対しての治療効果はありません。しかしワクチンが効果をもつ全てのHPVの種類に同時にかかっている可能性は極めて低いですし、HPVに感染していたとしても自分で排除できれば、その後の2回目の感染を防ぐことができます。HPVは感染する確率が高く、50歳までの性交渉の経験のある女性のうち8割は一度感染すると言われています。感染しても9割方は自分の力で排除されますが、自然に感染しても免疫はつきません。
HPVワクチンを打てば、繰り返しの感染を防ぐことができます。感染している状態でHPVワクチンを接種しても治療効果はありませんが、悪化させるということもありません。
価格
1回分は33,500円(税込)、3回分パックは99,900円(税込)です。3回分パックは初回に現金でお支払い下さい。全て婦人科診察代込の料金です。
投与方法
全3回接種(1回目:初回接種、2回目:初回接種より2ヶ月後、3回目:初回接種より6ヶ月後)

プラセンタ注射(ラエンネック、メルスモン)

同意書が必要です。日赤を通じた献血ができなくなります。

プラセンタ注射のラエンネックとメルスモンの違いは、成分と抽出方法です。
ラエンネックはプラセンタの立体構造を壊すことなく、そのまま抽出しています。
一方メルスモンは、身体に浸透しやすいように低分子化して抽出しています。
この違いから、どちらかというとラエンネックの方がプラセンタ注射としての効果が高いと言われることもあります。

価格
  1. 税込 1,100円(ラエンネック)、税込 1,200円(メルスモン)
  2. ただし、一回当たり2本一度に注射する場合については、
    税込 2,100円(ラエンネック)、税込 2,200円(メルスモン)
  3. また、一回当たり3本一度に注射する場合については、
    税込 3,000円(ラエンネック)、税込 3,300円(メルスモン)
投与方法
薬液2mlを皮下に注射します。
診療科目
脳神経内科・婦人科・内科

tel.03-5955-7760

JR大塚駅より徒歩2分

年中無休

〒170-0005
東京都豊島区南大塚3丁目-32-10 今井保全ビル1F
診療時間 祝日 備考
08:00-09:30 ※△ 早朝診療 (受付終了9:00)
09:30-12:00 ※〇 平日:通常診療
土・日・祝日:休日等診療
(受付終了11:30)
13:00-17:30 ※〇 平日:通常診療
土・日・祝日:休日等診療
(受付終了17:00)
17:30-19:00 ※△ 夜間診療(受付終了18:30)
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. tel.03-5955-7760