婦人科

次のような症状の方はご相談ください

月経異常、不正出血、おりもの異常

婦人科
  • 周期や期間、出血量が通常と大きく異なる。
  • イライラや不安、むくみ、乳房痛、頭痛、ひどい月経痛などの症状が見られる。
  • 思春期になっても初経が来ない。
  • それまで定期的にあった月経が突然無くなった。
  • 周期的な月経以外に、不規則な出血がある。
  • 色や臭いが通常と異なる。

腟・外陰部の異常

  • 痒い、赤く腫れる、ただれる、痛む。
  • しこりがある。
  • 性交痛がある。

乳房の異常

  • しこりや痛みがある。
  • 皮膚に、ひきつれや窪みがある。
  • 乳頭がへこんだり、黒ずんだり、ただれたりしている。

おなかの異常

  • 腹痛がする。
  • 排便痛がある。
  • 下腹部に痛みや違和感がある。

排尿の異常

  • 尿が漏れる
  • 尿が出にくい
  • 尿の回数が多い
  • 排尿時に痛みが走る

婦人科で扱う主な疾患

月経困難症

月経痛が強く、日常生活に支障を来たしているときは月経困難症の疑いがあります。様々な症状が起こりますが、特に腹痛、腰痛、悪心、嘔吐、ふらつき、頭痛、頭重、食欲不振が多く見られます。なお、思春期の女性の子宮は未熟なので、子宮の出口が狭いために月経血が排出されにくく、そのせいで月経痛を招きがちです。症状の種類や程度は人それぞれに異なりますが、こうした月経痛の多くは、市販の鎮痛剤を服用する程度で落ち着くものです。しかし、学校や仕事に行くのもつらい、起きていられずに寝込んでしまうなど、日常生活に支障が出るようなケースは、治療の対象になります。

腹圧性尿失禁

女性の正常な体では、おなかに強い力がかかった場合、骨盤底筋が膀胱と尿道を支えることで尿道が締まり、尿が漏れるのを防いでくれます。しかし、骨盤底筋が弱くなったり傷んだりすると、尿道をうまく締められなくなり、腹圧性尿失禁が起こってしまいます。咳をする、くしゃみをする、笑う、走る、テニスやゴルフなどのスポーツをする、重い物を持ち上げる、坂道や階段を昇り降りするといった事柄で尿漏れが見られた場合、腹圧性尿失禁の可能性がありますので、婦人科で検査を受けるとよいでしょう。

子宮筋腫

子宮筋腫は子宮の筋肉にできる良性の腫瘍です。通常は生命を脅かすようなものではありませんが、急激に大きくなったり、周辺臓器を圧迫することもあるので、筋腫の状態を定期観察しておくことが大切です。筋腫の大きさは、小指の先ほどの小さなものから、赤ちゃんの頭ほどもある巨大なものまで、千差万別です。いくつもが生じることも、少なくありません。症例によっては手術が必要となることもあります。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮下部の子宮頸部と呼ばれる部分から発生する悪性腫瘍です。子宮の入り口付近に発生することが多いので、通常の婦人科検診でも発見されやすいがんの一つです。他の多くのがんと同じように進行すると治療が困難となります。しかし、早期に発見すれば比較的治療しやすいので、定期的に子宮頸がん検診を受けることが大切です。

ヒトパピローマウイルスが関連しています

子宮頸がんの発生には、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が少なからず関連しています。HPVは性交渉で感染すると言われているウイルスです。子宮頸がんの患者様の90%以上からHPVが検出されることが知られています。ただし、HPV感染そのものは稀ではありません。感染した場合であっても、多くの場合は無症状で推移します。しかし、HPVが排除されずに感染が持続すると、一部に子宮頸がんの前がん病変や子宮頸がんが発生すると考えられています。また喫煙も、子宮頸がんの危険因子であることがわかっています。

ワクチン接種が有効です

子宮頸がんのリスクを減らす方法の一つとして、子宮頸がんワクチンがあります。このワクチンを接種することにより、ヒトパピローマウイルスの感染を予防することが出来ますので、結果的に子宮頸がんのリスクを軽減できるのです。ワクチンは中学1年生となる年度から行うケースが一般的であり、3回の接種によって完了します。なお、子宮頸がんワクチンの接種について厚生労働省は「適切な情報提供が出来るまでの間は、積極的な接種勧奨を差し控える」としていますが、接種を希望する方は定期接種として受けることが可能です。実際に予防接種を受ける際は、ご家族でよく相談され、ワクチンの有効性とリスクを十分にご理解いただいた上で、お受けになるかどうかをご判断ください。

子宮頸がん検診

集団検診が苦手な方、人前で恥ずかしい方、ご高齢の方、股関節がかたい方、2年に1回の従来の検診等では心配な方等、一度ご相談ください。個別に対応いたします。要望を受付で予約時にお伝えください。

費用

5,500円(税込) 初診料・検査手技料等を含む。自由診療のみ。

診療科目
内科・脳神経内科・婦人科

tel.03-5955-7760

JR大塚駅より徒歩2分

〒170-0005
東京都豊島区南大塚3丁目-32-10 今井保全ビル1F
予約優先です。
診療時間
(オンライン診療を含む)
日祝
07:00~21:00
東京ドクターズ 医師 西田 隆 院長/大塚南口駅前脳神経内科クリニック(物忘れ外来)(大塚駅・内科)の院長紹介ページ
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. tel.03-5955-7760