難病医療費助成・生活保護法等指定医療機関

各種注射薬

※全て予約制です。

にんにく注射

インフルエンザワクチン

価格
税込 3,300円(2名の場合)、4,950円(1名の場合)
投与方法
薬液0.5mlを皮下に注射します。

B型肝炎ワクチン

価格
税込4,000円(接種)
税込6,960円(抗体価検査)
投与方法
薬液0.5mlを皮下に注射します。
ヒトの血液・体液に接する可能性のある方に対してお勧めします。ワクチンは 0、1、6ヵ月後の3回接種(1 シリーズ)します。3回目の接種が終了して、1~2ヵ月後に血液検査でHBs抗体価を測定し、10mIU/mL以上であれば免疫獲得と判定されます。1 回のシリーズで免疫獲得とならなかった方に対してはもう 1 シリーズのワクチン接種を考慮します。ワクチン接種シリーズ後の抗体検査で免疫獲得と判定された場合、その後の抗体検査や追加のワクチン接種は必要ありません。

おたふくかぜワクチン

価格
税込 3,700円(接種)
税込6,960円(抗体価検査)
投与方法
薬液0.5mlを皮下に注射します。
予防接種の記録が1歳以上で「1回」のみの方は、1回目の接種から少なくとも4週間以上あけて2回目の予防接種を受けることをお勧めします。1歳以上で「2回」の予防接種の記録がない方は、少なくとも4週間以上あけて「2回」の予防接種を受けることをお勧めします。

風しんワクチン

価格
税込 5,000円(接種)
税込6,960円(抗体価検査)
投与方法
薬液0.5mlを皮下に注射します。
予防接種の記録が1歳以上で「1回」のみの方は、1回目の接種から少なくとも4週間以上あけて2回目の予防接種を受けることをお勧めします。1歳以上で「2回」の予防接種の記録がない方は、少なくとも4週間以上あけて「2回」の予防接種を受けることをお勧めします。

麻疹ワクチン

価格
税込 5,000円(接種)
税込6,960円(抗体価検査)
投与方法
薬液0.5mlを皮下に注射します。
予防接種の記録が1歳以上で「1回」のみの方は、1回目の接種から少なくとも4週間以上あけて2回目の予防接種を受けることをお勧めします。1歳以上で「2回」の予防接種の記録がない方は、少なくとも4週間以上あけて「2回」の予防接種を受けることをお勧めします。

水痘ワクチン

価格
税込 7,000円(接種)
税込6,960円(抗体価検査)
投与方法
薬液0.5mlを皮下に注射します。
予防接種の記録が1歳以上で「1回」のみの方は、1回目の接種から少なくとも4週間以上あけて2回目の予防接種を受けることをお勧めします。1歳以上で「2回」の予防接種の記録がない方は、少なくとも4週間以上あけて「2回」の予防接種を受けることをお勧めします。

ガーダシル4価(HPV6,11,16,18型の感染を予防します)

価格
税込 16,200円(一回当たり)
投与方法
薬液0.5mlを筋肉内に注射します。原則として3回接種が必要です。
個別にお電話でご相談ください。

シルガード9

HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンには2価、4価、9価のタイプがあります。

《ワクチンの名前》
2価HPVワクチン=サーバリックス
4価HPVワクチン=ガーダシル
9価HPVワクチン=シルガード9
※○価というのは「○種類の」という意味です。2価ワクチンであれば2種類のHPVを、4価ワクチンは4種類、9価は9種類のHPVをカバーします。
《ワクチンの内容》
2価:子宮頸がんの原因になる確率の高いハイリスクのHPV2種類
4価:子宮頸がんの原因になる確率の高いハイリスクのHPV2種類+性感染症の原因になる2種類
9価:子宮頸がんの原因になる確率の高いハイリスクのHPV7種類+性感染症の原因になる2種類
今まで100種類以上のHPVが確認されていますが、2価や4価で7割程度、9価であれば9割程度のHPV感染を予防できると言われています。打つ回数はどのワクチンを選んでも全て3回です。自費なら予防効果の高いものが良いでしょう。価格は9価が一番高いです。年齢については、10〜14歳の女性が第一推奨で、次に15〜26歳、27〜45歳の順になります。しかし45歳以降でも打ってはいけないということはありません。
ワクチンを打つか打たないかは個人の自由です。接種前に感染しているかどうかを検査する必要ありません。ワクチンの効果が一番高いのは性交渉前で確実にHPVに感染していない時です。感染前なら、ワクチンの効果がある全てのHPVに対して効果があります。性交渉の経験がある方の場合は、もしすでにHPVに感染していたら、その感染しているHPVの種類に対しての治療効果はありません。しかしワクチンが効果をもつ全てのHPVの種類に同時にかかっている可能性は極めて低いですし、HPVに感染していたとしても自分で排除できれば、その後の2回目の感染を防ぐことができます。HPVは感染する確率が高く、50歳までの性交渉の経験のある女性のうち8割は一度感染すると言われています。感染しても9割方は自分の力で排除されますが、自然に感染しても免疫はつきません。
HPVワクチンを打てば、繰り返しの感染を防ぐことができます。感染している状態でHPVワクチンを接種しても治療効果はありませんが、悪化させるということもありません。
価格
1回分は33,500円(税込)、3回分パックは99,900円(税込)です。3回分パックは初回に現金でお支払い下さい。全て婦人科診察代込の料金です。
投与方法
全3回接種(1回目:初回接種、2回目:初回接種より2ヶ月後、3回目:初回接種より6ヶ月後)

プラセンタ注射(ラエンネック、メルスモン)

同意書が必要です。日赤を通じた献血ができなくなります。

プラセンタ注射のラエンネックとメルスモンの違いは、成分と抽出方法です。
ラエンネックはプラセンタの立体構造を壊すことなく、そのまま抽出しています。
一方メルスモンは、身体に浸透しやすいように低分子化して抽出しています。
この違いから、どちらかというとラエンネックの方がプラセンタ注射としての効果が高いと言われることもあります。

価格
  1. 税込 1,100円(ラエンネック)、税込 1,200円(メルスモン)
  2. ただし、一回当たり2本一度に注射する場合については、
    税込 2,100円(ラエンネック)、税込 2,200円(メルスモン)
  3. また、一回当たり3本一度に注射する場合については、
    税込 3,000円(ラエンネック)、税込 3,300円(メルスモン)
投与方法
薬液2mlを皮下に注射します。

ビタミン注射(アスコルビン酸500mg)

価格
税込 1,100円
投与方法
薬液2mlを皮下に注射します。
診療科目
脳神経内科・婦人科・内科

tel.03-5955-7760

JR大塚駅より徒歩2分

年中無休

〒170-0005
東京都豊島区南大塚3丁目-32-10 今井保全ビル1F
診療時間 祝日 備考
08:00-09:30 ※△ 早朝診療 (受付終了9:00)
09:30-12:00 ※〇 平日:通常診療
土・日・祝日:休日等診療
(受付終了11:30)
13:00-17:30 ※〇 平日:通常診療
土・日・祝日:休日等診療
(受付終了17:00)
17:30-19:00 ※△ 夜間診療(受付終了18:30)
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. tel.03-5955-7760